finalmente

6月30日をもって10か月の留学プログラムが終了しました。

 

やった~~~~~

 

それなりに楽しいこともあったけど、この日を待ちわびるくらいにはつらかったよ…

 

今月は資格試験と学部の授業の期末試験があったり、月末のテストが今までとは一味ちがってえぐかったり、そんなこともあってかつい先日はイタリア語で悪夢にうなされて、さすがに多少は身体に染みついたんだなと思った。イタリア人にだいぶ意地悪言われてたけどね。”イタリア人にわけのわからん外国人と思われている自分”という意識がめちゃめちゃ強いんでしょうね。たとえば、たまたまその場に居合わせたイタリア人としゃべって、イタリア語上手に話すねって言われたことは何度もあるし、そういうときは少しはこの土地に馴染んできたのかなと思うんだけど、その一方で店員とイタリア語でやりとりをしていても一度こちらがききとれなくて訊き返しただけでめんどくさそうに英語で返されたりすると、お前のイタリア語なんて通用しないんだと奈落の底に突き落とされたように感じる。わたしはその間をずっといったりきたりしていた。とはいえ後者の効き目は抜群で、一度やられると数日引きずるし、自分が”異物”であることをはっきり思い知らされる。もしかしたらずっと住んで満足に話せるようになれば、完全に溶け込んだと思うもんなのかもしれないし、それでもやっぱり”ちんちくりんの外人”扱いをされるような気もする。到達点みたいなものがあるわけじゃないんだろうな。

日本帰ったら自分が外国人じゃなくなるのが、どう感じるんだろうと今から楽しみ。道を歩いているだけですれちがう知らないひとから顔をじっと見られることもなくなって、人混みのなかの、何とも認識されないただの通行人になる(と感じる)んだろうか。

 

さて、帰ったら何をしようかなと考えたときに、ふと、人生をもう少し楽しもうという考えが浮かんだ。

どうしてかわからないけど、今までを振り返ってみると、楽しい人生を送ろうと思って生きてこなかったような気がする。ちゃんと生きなきゃ、自立してそれなりの暮らしを将来するために”どうしなければいけないか”を逆算するように人生の選択をしてきたのかもしれない、あまり意識もせずに。

今それに気付いたのは、きっとイタリアでの留学生活を日本に帰ってからいつかは懐かしく思い出すだろうなと容易に想像できてしまったから。10か月間基本的につらいつらい言いながら過ごしたとはいえ、イタリアの空気というか、日本とはまったくちがうその環境下にいたことをどうしてもうらやんでしまう自分もでてくるだろう。そのときに、ネガティブな思考からではなくて、ポジティブにいい経験だったな、と思えたらいいなあと。そのためにも、これからの人生もっと楽しくしたいと思ったわけで。

楽しんで生きるというか、現実との折り合いのなかで自分が楽しいと思う生き方をみつけていくのはたぶん難しいことだけど、そのために頭を使ってみる価値はあるはず。自分がそのときやりたいことだけをやって生きていくなんてできないだろうけど、やりたいことができないんじゃ意味ないよね。

 

ということでひとまず。

広告を非表示にする

試される大地…

というわけで続きです。

 

これなんだと思います?

f:id:feneko:20170506194109j:plain

 

礼拝堂なんですよ。特定の宗教のためでなく、誰でも祈りをささげることのできる場。

f:id:feneko:20170506194342j:plain

 

繁華街のど真ん中にあるんだけど、なかは静寂。広すぎず、木のいい香りがして、心が落ち着く空間でした。フィンランドでは木を大事にしているんだなというのがどこへ行っても感じられて、それが気に入りました。日本人と相性がよさそう。

f:id:feneko:20170506194859j:plain

 

ヘルシンキはそんなに広い街ではないので、ほとんど歩いて回ることができました。イースターの影響でお店の開いている時間が限られていたのが残念だったけど、かわいい雑貨を置いているブランドをみつけてしまって、わたしにしてはめずらしく飲食以外にもお金を使いました。これが北欧デザインの魅力か…と思い知らされました。雑貨も家具も見たものすべて欲しくなった。

 

そう、今年はフィンランド独立100周年なんですって。ヘルシンキ市立美術館でそれにまつわる展示をしていると行きの飛行機で知ったので、行ってみました。これがその美術館なんですけど、入ったらポップコーンくさくてなんだこれと思ったら下のフロアは映画館だったみたい。

f:id:feneko:20170507033627j:plain

 

フィンランドのモダンデザインに関する展示で、マリメッコにアアルトにトーベ・ヤンソンにと盛りだくさんでした。これが見られたのは大きかった。なかなかいいタイミングで来たんじゃないかと。(写真載せて大丈夫なのかわからないけど1枚だけ)

f:id:feneko:20170507044932j:plain

 

そして中日に日帰りでエストニアの首都タリンへ行ってきました。

ヘルシンキからフェリーで2時間くらい。地元のひとはお酒を買いにタリンへ行くときいていたんだけど(安く買えるので)、フェリーのなかにもお店がしっかり入ってるし確かに帰りのフェリーではみんなお酒のケースを持ってました。

f:id:feneko:20170507034221j:plain

 

早朝の便で行ったので船内では寝ました。あ、ヘルシンキ市内もタリンもwifi環境がかなり整っていて助かりました。イタリアだと大きい駅でも全然wifi使えなかったりするので、こういうフェリーの中でも、街のふつうのレストランでも、ちゃんと使えるwifiが飛んでるのに感動しました。イタリアがそうなる日は…来ないか…

 

しかし着いたらこれです。ヘルシンキから南下したのにタリンのほうが寒かった。ずっとマフラー巻いて上着のフードかぶって行動しました。

f:id:feneko:20170507034328j:plain

 

あまりにも寒かったので、少し歩いては適当なお土産屋さんに入って暖をとる、という作戦をとりました。ここ行ってあそこ行って…と考えていたようには動けなかった。以下、執念で撮った写真をみてください。

 

港から旧市街までは歩いていけます。街並みはこんな感じ

f:id:feneko:20170507040055j:plain

 

聖オラフ教会からの眺め。今まで数々の塔にのぼってきましたが、ここもなかなかしんどかったです。せまいところを急な階段でぐるぐるのぼっていくのって、そしてまた下っていくのって、きついよね……。でもそれだけの甲斐がある景色でした。写真右側の小高いところはトームペアという丘。

f:id:feneko:20170507040140j:plain

 

旧市街の外はけっこう栄えてそう。

f:id:feneko:20170507041748j:plain

 

エストニア語…なのかな…。観光客だらけというのもあっていろんな言語が飛び交う街でした。ロシア語話者も多いみたいだしフィンランド人もいっぱい来るし、接客業大変だな~とぼんやり。やっぱりそういう国だと英語がちゃんと話せる人は多くなるんだろうな。

f:id:feneko:20170507042135j:plain

 

いろんな国の支配下にあった地域は全然ちがった様式の建築が共存しているのがおもしろいですね。

f:id:feneko:20170507043121j:plain

 

お店の外にこういう人形が立っているのをよく見かけました。寒くて店先に人間が立っていられないからかな、その気持ちはよくわかるなあ…

f:id:feneko:20170507043441j:plain

 

こんなところで。

あまりに寒いと人間思考が止まるし観光の気力も体力もなくなるということをこの旅行で学びました。

こうやって振り返ると、もっと歴史や地理のことを学んでからもう一度行きたいなと思います、もう少しあったかい時期に…!!というわけで、すっかり北欧に心を奪われたようなので、夏にまたどこか行けたらいいなと考えています。

次回の旅行はプラハ・ウィーンです。たのしみ~~

広告を非表示にする

意外と来ない夏

更新さぼってたら5月になっちゃった

 

4月に入って、ああさすがにサマータイムはじまったしあったかくなってきたなと思ったらいったん寒くなって、最近ようやくまた夏に近づいてきた感じです。日はかなり長くなったけど、まだ夏は来ないです。

 

更新してなかった間、あっという間に過ぎたかと言われると全然そんなことはなくて、ああしんどいとかなんとか言いながら一日一日、その長さを噛みしめて過ごしてきました。

留学プログラムとして学校に通うのはあと2か月で終わり。そのあとはパリオ観てから2週間ほど旅行して帰国します。飛行機も決まったので、いよいよカウントダウンですね。と言ってもたぶん来月半ばくらいまで、実感もなく、早く学校終わらないかな~って思いながらふつうに日常を過ごすんでしょうけど。

 

ちょこちょこ旅行したり国内で遠出したり、おもしろいことはあったんですけど、書きかけのメモばかり増えて何もまとまってない。もったいないからそれも成仏させたいけど、今回はイースター休暇中の旅行のことを。あ、最近日本語でちゃんと文章書いてなかったのでいつにもましてひどいかもしれない。これもリハビリです。

 

4月半ばに、フィンランドヘルシンキへ3泊で行ってきました。

フィンエアーの直行便でローマ~ヘルシンキ3時間半。

f:id:feneko:20170506050640j:plain

 

機内で出される紙コップと紙ナプキンがマリメッコで早速テンションが上がる。

f:id:feneko:20170506050701j:plain

 

今回はイッタラマリメッコなどのいわゆる北欧デザイン、かもめ食堂の世界なんかを楽しみにしつつ、今まで訪れたことのない文化圏に浸ってみようとフィンランドを選んだのでした。

フランスとかスペインだと、言葉もある程度推測できるし似た文化を持っているので、なんというかだいぶ慣れちゃったんですね。ここらで全然違う世界を見たいと思ったし、そうしたらまた新鮮な視点が得られるんじゃないかな~とうっすら考えてました。

 

そんなわけで、空港から近郊列車に乗って市内に向かう間も、言葉が全然わからなくてわくわく。アナウンスを聞いてわからないのはもちろん、字面を見ても全く見当がつかない。

f:id:feneko:20170506052821j:plain

 

これが空港と市内を結ぶ列車。フィンランドで唯一イマイチに感じたデザインかもしれない、ファミマカラーだなって思っちゃったんだもの

f:id:feneko:20170506054043j:plain

 

ちなみに、基本的にフィンランドでは、公用語であるフィンランド語とスウェーデン語の二か国語表記。通りの名前なんかも必ずふたつ書かれている。ヘルシンキ市内ではだいたい先に書かれるのがフィンランド語でそのあとがスウェーデン語になってるみたいですが、地域によって反対だったり、どちらかの代わりにサーミ語が入ってきたりするそう。

~そう。って誰からきいたんだよって思うかもしれませんが、実はかもめ食堂のロケ地は今、名前もそのままにレストランとカフェになっていて、わたしはカフェのほうにおじゃましてそこで日本人の店員さんとお話しできて、いろいろ教えてもらったのでした。

f:id:feneko:20170506054612j:plain

 

カフェはこんな感じ。抹茶ラテをいただきました。

f:id:feneko:20170506054747j:plain

フィンランド語の話をもう少しすると、伸ばす母音は”Aalto”みたいにふたつ重ねて表記するんだけど、ちょっとかわいいなと思いました。これ、わたしたちにとってはアアルトって読むのね、ってすぐわかるけど、英語話すひとたちにはなかなか理解できないらしい。母音がひとつかふたつかで音としての違いがわからないんだそう。

母音もだけど子音も重なってることが多い(ような気がした)ので、ひと単語が長いなあと。あとイタリア語はKってアルファベットは使わないのでほとんど見かけないんだけど、こっちではよく見たので、そんなところでも自分の知らない言語だということをはっきり感じました。

 

ごはんの話を少しすると、あんまり期待しては行かなかったんですけど、ふつうに美味しくいただきましたよ。

トナカイの肉を食べてみたり。羊肉みたいなくせはあったけど、わたしは好きでした。美味しかった。ベリーがふんだんに使われるのがいいですね。こういうベリーは山に入って採っていいことになっていて、採ってきたものを各家庭でジャムなんかにして保存するみたい。

f:id:feneko:20170506060138j:plain

 

これはサーモンのスープ。粉雪が舞うほどに寒かったのでこれであったまった。そう、イースターの時期がだいたい冬が終わるころなので、イースターは春の訪れを意味するのだそう。イースター終わったくらいに夏用のタイヤに替えるらしいよ。それなのにめちゃくちゃ日が長いからもうわけわかんないよねえ…。21時くらいに夕飯食べ終わって外に出てもまだ夕方くらいの明るさ。

f:id:feneko:20170506061059j:plain

 

かもめ食堂にも出てくる本屋さんに入っているアアルト・カフェで食べたシナモンロール。大きい。

f:id:feneko:20170506060135j:plain

 

アアルトってフィンランドの人か~と思ってその建築も実は楽しみにしていた。これがそのアカデミア書店。

f:id:feneko:20170506061858j:plain

 

自然光が柔らかく入ってきていい感じ。

f:id:feneko:20170506062107j:plain

 

これもアアルト設計の、stora enso headquarters

f:id:feneko:20170506184444j:plain

 

アアルトのもののみならず、何気ない建物がしゃれていていいなあと散歩しながら。

f:id:feneko:20170506184543j:plain

f:id:feneko:20170506184334j:plain

f:id:feneko:20170506184354j:plain

 

新古典主義的な建物と、モダニズム的な建物が混在しているんだけど、圧倒的に後者が美しかったなあとわたしは思いました。なんか前者ははりぼてのようにさえ感じられてしまった。きれいなんだけどね。

日本にもこんな素敵なモダニズム建築がたくさんあったらなあ、そしてそれがちゃんと残ったらなあ(こっちが問題)と思わずにはいられず…

 

長くなったので、後編に続きます

広告を非表示にする

南へ南へ

2月もおわりますね。

先月末の旅行の話をしますね。

 

旅行計画に書いた電車の話をします。

 

ナポリチェントラーレからintercityに乗ってタオルミーナ・ジャルディーニを目指します。朝9:50発の電車だったのですが、たどりつくまでに少々やらかして5分前にすべりこむ。心臓ばくばくいわせながら出発。ちなみにintercityというのは特急列車みたいな立ち位置なので、かなり時間がかかります。ナポリタオルミーナは約7時間。あと車両もぼろい。なぜか乗ってからしばらく車内の電気がつかなくて暗かった。

周りに座っている乗客の顔ぶれが何度か変わったころ、ヴィッラ・サン・ジョバンニ駅に着きます。こんな感じなんですが、遠くには海とフェリーが

f:id:feneko:20170228060214j:plain

 

ここで、乗っていた電車がふたつに切り離されました。もともとパレルモ行きの電車という表示だったのですが、わたしが乗っていた車両はシラクーサ行きに。西に行くか南下するかで別れるわけですね。

フェリーにつめこまれていきます

f:id:feneko:20170228060225j:plain

 

船内はこんな感じです。手前がわたしの乗っていた車両

f:id:feneko:20170228060306j:plain

 

フェリーが動き出すと乗客は外に出られます。船旅も味わえてしまうということですねえ~

同じタイミングでトレニタリアの他のフェリーもいた

f:id:feneko:20170228060325j:plain

 

何の指示かわからなかったけど

f:id:feneko:20170228060409j:plain

 

そして海を渡りメッシーナ

f:id:feneko:20170228060355j:plain

 

連結作業を間近で何度か見られます。ああいう作業ってひとの手でやってるんですね。

わたしが写真と動画を撮っていると、作業員のおっちゃんがよく見えるように気を使ってくれたり、まだ出発まで時間あるからホームに降りてよく見ておいでと声をかけてくれたり、たのしいひと時でした。

ここでアンパンマンの「新しい顔だよ!」っていうセリフ思い出した(ゆっくりと近づいてきたこれが新しく先頭車両になる)

f:id:feneko:20170228060426j:plain

 

タオルミーナまでは海沿いをずっと通っていきます。残念ながら車窓からは廃屋だったりごみが廃棄された砂浜だったり、さびれた風景ばかりを眺めることになったんですが。

 

f:id:feneko:20170228060502j:plain

 

なんやかんやで、長旅のわりに予定時刻を大幅に遅れるということもなく無事到着。

駅から中心街まではバスで行こうと思っていたのですが、次のバスは2時間後だよとか言われて泣く泣くタクシーに乗りました。オフシーズンだから仕方ない…。でもタクシーの運ちゃんともたくさん話ができてたのしかった。ひとりだとこんなに他人と話してみたくなるもんなんだなという気付きを得ました。今回の旅は終始知らないおっちゃんとのおしゃべりをたのしんだ。

 

ということで、やっと着いたところですけどひとまずこんな感じで。気が向いたら続きも書きます。

広告を非表示にする

pessimismo

気付いたら月末。もうすぐテスト。今月はちょっとまずい。いまいちやる気を出し切れず1か月過ぎようとしてる。

今月はいつも通りの文法中心の授業と、もうひとつは一冊の本を読んでいくという授業だったのだけど、本を読むってむずかしいなあと。言語だけ学んでも文化を知らなければ意味がない、みたいなことにわかりやすくぶち当たるのは読書体験かもしれない。辞書に載ってない言い回しにもたくさん出会うし、俗語やスラングも出てくるし、文章の意味がわかってもイタリア人の常識を知らないとそれが文脈のなかでどんな意味を持つか理解できない。この本が原作の映画も観ているけど、こんなシーンだったの!?みたいな箇所がちらほら…。理解できてないんだなとへこんだ。口頭試験はこの本の内容について答えることになるので、きっちり読み直さないと…。

 

今月終わったら留学は残りあと4か月になるんだけど、前に進める予感がしない。4月にはまた語学のクラスのレベルがあがってしまうのに。今のレベルでギリギリな気がするんだけどなあ。それなりに授業の内容は理解できるだろうけど、そのレベル相応のアウトプットができるとは思えない。今のクラスに、その力じゃこのレベルにいちゃまずいでしょうみたいなひともいるんだけど、じきに自分もそうなるんじゃないか。3か月いたら、テストがあるとはいえ実際はそれを受ければほぼ自動的に上のクラスに行けてしまうというのはなかなか問題だ。語学力なんてそう簡単には変わらないのにね。

うだうだ言わずに勉強するしかないんだけどな。今月はだめだったかもしれない。イタリア人とがっつりおしゃべりする機会も設けてないしなあ~。一期一会的にいろんなひとと話すというのは少なくないと思うんだけど(その意味で国内の一人旅はとてもよかった)。

でもねえ、無理せず・たのしんで勉強する、ってむずかしいんだよ~~~。わたしは語学を勉強としてかまえて勉強するようなタイプで、負荷をかけて耐えながら闘っているような気持ちで過ごしてきた(ので留学生活たのしい!充実!とは口がさけても言えない)。今までは、あんまり無理してもいいことないし適度にやるのがいいんだろうなとは思いながらも…という感じだったんだけど、最近はちょっと、無理しないというより己を甘やかしはじめてしまった気がする。ただ受動的にやり過ごしているような。いや自分で客観視できなくて実際のところどうなのかはわからない。まして他人からなんてわかるわけないよなあ。いい塩梅でやっていきたいんだけど。自分とどう向き合うか、試されてる。

 

(たまに更新をたのしみにしていると言ってくれるひともいるのに、書き出すとネガティブなことばかりでほんとにおもしろくなくて申し訳ないきもち…テスト終わったら少し時間があるのでたのしい話をしようとおもう)

広告を非表示にする

明日で今月の授業が終わります。と同時にシチリア旅行のはじまりです。

 

そういえば。引っ越し先がみつかりました。これが本当にイタリアでの最後の住まいです。授業は6月末で終わるんですが、7月末までの6か月契約にしました。どうせ7月頭にパリオみて、そのあと気が済むまで旅行してから帰ることになるだろうから、一応拠点として残しておこうと。

ということで今日は日本でもやったことないのに、不動産屋で契約のサインをしたりなどして、当たり前ですが全然なんのこっちゃわかんなくて少しへこみました。日本語の契約書だって読む気にならないんだからね。何はともあれ、きれいなおうちなので新しい生活をたのしみにしたいところ。

そしてこのタイミングで日本から送ってもらった荷物が受け取れず、危機。

今日わたしがテストを受けている間に寮に届けに来たらしいのですが、支払いもあったため持っていかれてしまった。明日受け取らないと旅行で数日家をあけることになるし、かつ今月いっぱいで引っ越してしまうので、さあやばいぞ…と思って宅配会社を調べたのですが、イタリアにそもそも再配達の依頼なんてものがあるのか、よくわからず。どうしよう…と思って不動産屋まで歩いているとその宅配会社のトラックを発見…!!!今きかなきゃ!!と思って、トラックが止まって運転してた兄ちゃんが出てきたところをつかまえてたずねる。名前をきかれたので答えると、ああ俺が持ってったよ、また明日持ってくね、みたいな感じでとりあえず解決(?)。ちょう原始的な方法でなんとかしたな、と自分の成長を感じました。トラック追いかけて走ったからね。

不確かな情報ですが、一応今回わかったことを以下に書いておきます。

日本からイタリアにモノを送るとき、EMSというサービスを使うことが多いようなのですが、これがかなりくせもののようです。今までに数回EMSで送ってもらっていて、今回もそうでした。日本の郵便局はEMSを推奨しているようですが、イタリアにはこのサービスがなく、これがイタリアについた途端、普通郵便と同じような扱いになってしまうらしい。それでいちばん解せないのは、日本から荷物を送るときに諸々のお金をすべて払っているのに、イタリアに入ると税関にかかって、荷物をあけられるはさらなる関税やら付加価値税やら(?)がかけられるは…というにわかには信じがたい状況になっているらしいこと。日本で払った金はなんだったの…?そんな勝手に関税かけていいの…?こっちの郵便事情でいい話はききませんが、ここまでくるといやあ、イタリアという国はほんとうに………。今まで無事に受け取れていたのが奇跡みたいだなと思いました。この不条理さ、先進国ではないよね。今言えるのは、イタリアにモノ送るときは、いろいろ覚悟して、EMS以外で送ってね、というところでしょうか…。はたして明日無事受け取れるのか。

ほんとは近々ネットショッピングしてみようかと思ってたんですが、やめたほうがいいのかな…いやサボンが今セールしてて、ボディスクラブ欲しくて……

 

ということでイライラするのも通り越して若干ひいてるんですけど、とりあえず書き留めておきます。

広告を非表示にする

旅行計画

旅行したあとにブログ書かないなら、行く前に書いたらいいんでは!?ということで今月末に予定しているシチリア旅行についてお話します。現在、テスト二日前です。

 

今回はなんと人生初の一人旅です!たのしみ!ちなみに親には言ってません

まずシエナを出発してナポリに一泊。翌朝、電車に乗りおよそ7時間弱かけてシチリアタオルミーナという街まで行きます。今回はそこでゆっくりするつもりです。

帰りはカターニアというタオルミーナ近くのシチリア第二の都市からローマまで空路で、それだと1時間半もかからない。

ではなぜわざわざ電車に乗るのか?というと(なんなら電車と飛行機、値段も変わらない)…

ナポリを出た電車はヴィッラ・サン・ジョバンニ駅(イタリア半島のつま先あたり)にて、いったんいくつかの車両に切り離されます。それが連絡船に積み込まれて!海を渡り!シチリア島に到着して!連結!なにそれ見たい!!

という次第です。ちゃんと景色を見るために朝出発、日が暮れる前に到着する電車を選びました。だからナポリで一泊するのですね。いや一泊でもいいから寄りたかったというのもあるけど。ともかく、移動もかなりたのしみです。

 

冬にシチリア?って感じだと思いますが、シチリアはずっと行きたかったし、ひとりで旅行するならまずはイタリア国内にしておこう…ということで選びました。いや、最近疲れ切っているのでバカンス気分を味わいたかったのです……

カターニアシチリアバロックなる建築がたくさんあるらしく行きたかったのですが、今回はタオルミーナにしぼりました。気に入ったらまた他の街へも行ってみようと思います。

そのタオルミーナという街、リゾート地として知られているようです。ということは、今はもちろんオフシーズン(でも昔は避寒地だったとかなんとか)。エピファニアも過ぎカーニバルもまだ遠く、お店が閉まっているとかそういうことに不安はありますが、まあ静かに海を眺められればいいかなと…。天気さえよければそれでよし(にわか雨の予報出てるけど)。

そういえばわたしは気づけば海を求めているような気がします。トスカーナの丘陵地帯に数か月住んで改めて実感したことですが、わたしはどちらかといえば水の近くで暮らしたい…。肉食べられなくてもいいから新鮮な魚が食べたい。実は今の食生活、けっこう耐えがたいものがあります。自炊している分にはいいけど、外食でおいしい魚食べられないのはもう……

ということでおいしいものも胃のキャパがゆるす限り食べてきます。ひとりだと当然胃袋がいっこしかないわけで、そうなるとなんとかして起きて活動している時間を長くするしか数多くは食べられないのでは…?

さてどうなるでしょう。ていうか久しぶりのナポリ、ネットであぶないあぶない言われすぎてびびってるよ!みなさまお手すきの際に無事を祈っていてください。

広告を非表示にする